相続などでの土地の名義変更

相続で土地の名義変更

土地の名義変更をするケースは主に遺産相続でしょう。

遺産相続による不動産名義変更では、法定相続、遺産分割協議、遺言書 のケースがあります。 法定相続は法律で決められた割合に従い、相続人で共同所有する場合です。 この場合は土地や建物の相続不動産が共同所有状態になります。 相続人が1人の場合も法定相続となります。

続きを見る

遺産分割協議

だれがどの土地を相続するのか、建物をもらうのか。

遺産分割協議をして誰が何を相続するのか決まったら遺産分割協議の成立で、 遺産分割協議書を作って相続人全員が署名して実印を押します。 遺産分割協議書の書き方に特別な決まりごとはありませんが、 注意すべき点はあります。

続きを見る

離婚での財産分与

離婚の財産分与で土地の名義変更をするケースもあります。

夫婦が離婚をする場合に一方が他方に対して財産分与を請求することが できますので、そこで分与された土地の名義変更をすることもあります。 一般的には夫名義で所有する不動産を妻が夫に請求することが多いでしょう。 考え方としては夫婦が築き上げた財産は夫婦共有の二人のものであり、 夫名義になっていたとしてもそれは夫だけのものでなく、 妻にも相応の持分があるので離婚の際には分与しなさい、ということです。

続きを見る

生前贈与

生前贈与でも土地の名義変更をすることはあります。

生前贈与によって土地や住宅などの不動産の名義変更を行うのは、 相続人同士の将来の財産関係の争いを未然に防ぐことになったり、 現在の家族の事情を反映させることができ本人が亡くなるまで相続を 待たずに財産移転ができるので、いずれ相続することになる財産を 一番有効なタイミングで利用することが可能となるなどメリットは 大きいでしょう。

続きを見る

PR 赤池・長久手・東郷町でマンション探しなら
トチスマショップ赤池店 http://www.tochisma-akaike.com/
土地情報や新築物件も豊富に取り揃えております。
愛知県日進市赤池町村東112番地1 TEL:0120-930-677